20社の総務・人事・オフィス関連業務を一括管理
グループを支えるシェアードサービス事業部
株式会社ザイマックスアカウンティングパートナー
シェアードサービス事業部 マネジャー 五月女行

やる気と活気に満ち溢れたパワフルな職場

私がアカウンティングパートナー(以下、AP)に入社したのは、今から約8年前です。もともと公認会計士の先生の下で仕事をしていたこともあって、もう一度、会計の仕事をしたいな、と思ったのがきっかけです。
ちょうどAPの立ち上げの頃で、すごく勢いがあったのが印象的でしたね。みんなでいい会社をつくっていこうって活気にあふれていた。いろんな会社を受けたけど、一緒に働きたいって思える人たちが多かったのが、入社を決めた一番の理由です。

仕事も遊びも本気でやる。だから面白い

APは社員のほとんどが女性で、ワーキングマザーが非常に多いんです。だから、立ち上げ当初、親睦を深めたくても仕事が終わった後に飲みに行くということがなかなかできなかったんです。そこで、みんなでランチに行ってコミュニケーションをとる場をつくるようになりました。最初はただお喋りをしているだけだったのですが、そこからどんどん発展してゲームをしたりするようになって、気づいたら一発芸や出し物なんかをするように・・・。そのおかげでみんなの仲も深まり、団結力も強くなりましたね。

この何をやるにも本気で楽しむ姿勢は、グループ共通のカルチャーだと思います。特に上の者ほど遊びも本気でやるんです。仕事も飲みなども何事も楽しんで真剣にやっている人が多いような気がします。

「私たちが、ザイマックスグループを支えたい」

私がシェアードサービス事業部に異動してきたのは、昨年の10月です。ここでは、約20のグループ各社の人事や採用関係・総務、経理、稟議の取りまとめやオフィス移転関連業務まで、あらゆる業務を一括して行っています。だからもう毎日いろんなことが起こって、あちこち駆け回っています(笑)。そんな、私たちが遭遇するプチ事件と業務の一部をご紹介します。

シェアードサービスの1日~伝説のししゃも事件~

これはわたしがまだ着任する前の伝説ですが・・・年末のある日、ビルから謎の異臭が発生。これは何だと慌てて調べたら、グループの一社が納会用にお客様からいただいたししゃもを共用部のキッチンで焼いていたんです。自分たちのフロアだけじゃ足りなくて、別のフロアでも焼いていたから、もうビル中がししゃもの臭いでいっぱい!さすがにカミナリが落ちたようです。
以降、ザイマックスでは「社内でししゃもを焼くことを禁ずる」という新たな鉄の掟が生まれることに・・・(笑)

シェアードサービスの1日~女たちの湿度戦争~

働く女性にとって、オフィスの乾燥は大敵。その気持ちはすごくわかります。ある日、室内の乾燥が気になるという問い合わせがありました。問題解決のために、加湿器を導入したのですが、その加湿器は現在の湿度が表示される機能が搭載されていたんです。
以来、毎日、「今日の湿度は何%しかありません!」という報告に対応することになってしまいました。

シェアードサービスの1日~引き出しくらい・・・~

あるとき、「机の引き出しが開かない!」とSOSの電話が鳴り、現場へ急行。男性も見守る中、シェアードメンバーの女の子が引っ張るものの、引き出しはウンともスンとも言わない・・・。よく見たら引き出しの奥に書類がつまっていて、それが引っかかって開かないだけでした。結局は、その書類を抜き出し無事に開いたようです。

社員が「誰に言ったらいいのかわからない・・・」というときにはシェアードサービスの電話がなることが多いようです。

シェアードサービスの1日~恐怖のレイアウト変更~

期の変わり目で大変なのは、レイアウト変更。特にザイマックスグループは組織変更がよくあるので、そのたびに大がかりなレイアウト変更があるんです。自社だけでも手一杯なのに、多数のグループ会社全てを管理するとなると、もう目が回るような忙しさになります。
そんなレイアウト変更業務を最近からシェアードサービス事業部で行うことになりました。全社のバランスと人事・組織の動きを見ながら決定していくのですが、直前になって変更を要請されることもあります。致し方ない事情の場合が多いので希望は叶えてあげたいと思うものの、全社的に先々のことも考えてレイアウトを組んでいるのでそう簡単に変えられるわけではない場合もあったり・・・。何とかできそうな部分については対応したいと思うので、結局いろいろギリギリまで調整しています。
人事・レイアウトが変われば名刺・座席・電話番号も変わりますので、いろいろなことがすべてつながり、4月と10月は、私たちシェアードサービス事業部は戦場のようです。

こう振り返ってみると、毎日のようにプチ事件が発生しています。「こんなことまで!?」と思うような出来事もありますが、それでも困っている仲間を見ると助けずにはいられない。そんなメンバーが、ザイマックスグループを支えています。相手の喜んだ顔が、私たちシェアードサービス事業部にとっても喜びとなっています。
縁の下の力持ち、という言葉が一番しっくりくるかもしれませんが、これからも社員が働きやすい環境を作るため、みんなで笑顔で頑張っていきます。

株式会社ザイマックスアカウンティングパートナー

【事業内容】

不動産の運営に関わる請求・支払の代行および会計・レポーティング業務

【資格合格者】

簿記資格保持者 25名、宅地建物取引主任者 30名、2級ファイナンシャルプランニング技能士 1名(2012年4月1日現在)

株式会社ザイマックスアカウンティングパートナーについてはこちら

関連コンテンツ