グループのオフィス移転・レイアウト変更を担当!
社員がイキイキと働ける組織・環境をつくりたい
株式会社ザイマックス
総務人事部 田治剛有

総務人事部へ配属。普段は採用とレイアウト変更を担当

ザイマックスとの出会いは、学生時代です。私が所属していた大学の研究室が、ザイマックスとの共同研究を行っていたことがきっかけでした。

入社後の配属先はまるで想像していなかった総務人事部。1年目は人事担当として新卒採用の企画から運営までを行っていました。その後、オフィスのレイアウト変更にも携わるようになり、現在は約800名の社員が働いている2棟のビルを担当しています。
年に2回は大規模なレイアウト変更があり、特に組織変更がある場合は、内装工事も入るような大掛かりなものになります。レイアウトの決定から業者への発注など、人事発令から新組織の稼働まで1ヶ月もない短い時間での調整には苦労していますが、すみやかに新しい組織体制に移行するためにも、スピード感を持って対応するよう心がけています。

強い組織づくりを支えるオフィス移転

そんな中、急に担当することになった新会社立ち上げに伴うオフィスの移転。一緒にオフィスの担当をしていた先輩社員も他部署に異動してしまっており、何もかも初めてのことでしたので、何から手をつけたらいいのかもわからない状況でした。

そんな時に助けとなったのは、レイアウト変更で培った社内のネットワークでした。ザイマックスグループには専門性を持ったプロが多く存在し、もちろん移転時に必要な知識を持った方々も多くいらっしゃいます。わからないことはその方々に聞きながら、必死に一つずつ積み上げていきました。
また、上司からもらったアドバイスで今も大切にしているのは、今後の組織の展望を考えるということです。移転の動機や目的は何か、今後の人事計画など、組織がこれからどういう方向に向かっていくのかをまず考えること。それによって新しいオフィスの立地や必要な面積などの条件を決めていきます。

当初はスペース効率を最優先に考えていましたが、業務が円滑に進むように、関わりの深い部署を近くに配置し働き方が大きく違う部署同士は離すなど、社員が働きやすく力を発揮しやすい環境作りを大切にしています。スペース効率などのハード面と、社員同士の業務の関わり・効率の良さといったソフト面の両面から考えなければいけないのでとても苦労していますが、組織をつくっていると実感することができ、とてもやりがいを感じています。

グループの知恵を結集して、お客様の要望に応える

当初は自分にできるか不安だった総務人事の仕事ですが、意外に周りからむいていると言われています。私自身も、経営戦略と密接な関係にある業務に面白さを感じながら仕事に取り組んでいます。
総務人事のポジションから組織全体を眺めて改めて感じることは、ザイマックスには熱い想いを持った社員が多いということ。何かに挑戦しようとした時に必要になるのは、「想い」という名のエンジンです。馬力のある社員がたくさんいるからこそ、ザイマックスはいつも活気があり、新しいことにどんどんチャレンジできるのだと思います。

ザイマックスグループには、様々な専門知識を持ったプロがたくさんいますので、みなさんも何か困ったことがあったら遠慮なく私たちに相談してください。私たちは、グループ全社の知恵を結集させて、お客様のニーズやお悩みに応えていきたいと思っています!

株式会社ザイマックス

【事業内容】

  • オフィスビル、商業・複合施設、データセンタービルの運営・管理

  • オフィスビル、商業・複合施設のテナント営業・斡旋

  • オフィスビル、商業・複合施設の経営代理・代行

  • 施設管理・警備・保安・清掃・工事・資材電材販売等

  • オフィスビル、商業・複合施設の新築・改修等の設計企画コンサルティング

  • 不動産全般にかかる企画コンサルティング

【資格合格者】

不動産コンサルタント7名、宅地建物取引主任者70名、一級建築士2名、ビル経営管理士9名、不動産鑑定士、ファシリティマネジャーなど(2011年4月1日現在)

※ザイマックス単体

株式会社ザイマックスについてはこちら

関連コンテンツ