お客様に必要な情報を分析・公開!
ミッションは「不動産業界の透明度を高める」こと
株式会社ザイマックス不動産マーケティング研究所
マネジャー 山方俊彦

やってみて初めて知った、不動産業の面白さ

私が不動産に興味を持ったのは、最初に入社した生命保険会社で不動産部門に配属され、物件の運営管理を行うプロパティマネジメント業務を担当したことがきっかけです。元々不動産の仕事がやりたかったわけではないのですが、仕事をしていくうちに、不動産の面白さや難しさ、奥深さに触れ、興味を持つようになりました。

その後、シンクタンクへ出向し市場調査を担当していたのですが、時は金融不安で、不動産業界も荒れる予想でしたが、実際は多くの方が知恵を絞り、様々な取り組みをしていました。 ザイマックスを知ったのもその頃です。前身であるリクルートビルマネジメントにヒアリングをした際、やっている仕事は自分たちととても似ているのに、やり方が自由で幅広く、動きがあると感じ、「面白そうな会社だな」と関心を持ったことを覚えています。

前職には人事ローテーション制度があったのでずっと不動産の仕事を続けられるとは限りません。よって転職を決意し、不動産専業の会社で、できればザイマックスで働きたいと思うようになりました。そんな私の転職活動は、直接ザイマックスに電話をし「人を雇っていませんか?」と聞くというものでした。それがきっかけで2003年に入社しました。

できない理由ではなく、「どうすればできるのか」を考える

入社して感じたことは、予想以上にオープンな環境だということです。ザイマックスでは数多くのオーナー様とお付き合いがあるため、一つの考えに固執せずに様々な意見を取り入れています。これは対外だけでなく、社内でも同じことが言えます。上下分け隔てのないフラットな社風で、社員の意見も尊重されますし経営側の意志もすぐ届くので、社員一人ひとりが参加意識を持つことができます。
また、「なぜできないのか?」ではなく「どうすればできるのか?」を皆がいつも考えています。とてもエキサイティングだなと感じました。失敗を恐れずに変化も厭わない。むしろ柔軟に対応していく姿勢が魅力ですね。

運営者だからできる、「価値ある情報を届ける」ということ

ザイマックス不動産マーケティング研究所では、大きく分けて2つの事業を行っています。
1つは、ザイマックスグループ各社にデータや情報を提供し、後ろから支える“ラインサポート業務”、もう1つは、集めたデータを分析し、一般に情報を公開することです。

私たちは現在400棟以上ものオフィスビルの運営・管理をしておりますので、賃料や管理をはじめとするビル経営に関する膨大なデータを所有しています。それを様々な切り口から解析・研究し、結果を世間に公表することで、不動産市場の透明性の向上を目指しています。5年前から京都大学と共同研究も行っています。

不動産の公開情報は極めて少なく、いまだ閉ざされた世界です。私たちが情報を公開することで、一般企業の方に少しでも状況を知ってもらい、不動産への理解を深めていただきたいと考えています。そして、運営者だからこそできるデータをまとめ、もっと皆様に必要な情報を届けていきたいですね。数字だけではなく、テナント様の生の声なども大切にし、伝えていきたいと思っています。
価値のあるお役立ち情報をどんどん広げていきますので、不動産の「知りたい」はザイマックスグループまでご連絡ください。

株式会社ザイマックス不動産マーケティング研究所

【事業内容】

  • 賃貸用不動産市場に関する調査・分析・研究の実施および受託

  • 賃貸用不動産運営に関する分析・研究の実施および受託

  • 各種講演会、セミナーの開催、および出版物の刊行

  • 賃貸用不動産に関する情報提供サービス業務

  • 賃貸用不動産の企画運営に関するコンサルタント業務

株式会社ザイマックス不動産マーケティング研究所
(現 株式会社ザイマックス不動産総合研究所)はこちら

関連コンテンツ