日本と世界を結ぶ力
それは、お客様に真摯であること
株式会社ザイマックス
不動産事業本部 グローバルマーケティング部 マネジャー 樋口篤

幸運にも求めていた仕事が、入社してすぐに!

入社後最初の仕事は、日本橋地区のオフィスビルの建替に関わる事業でした。地権者のちがう4つのビルをコーディネートすることですが、建て直したいが資金がない、土地ごと売ってしまいたい、縁のある土地に今後も関わりたい、と要望も様々。そこで、ザイマックスは建物に投資をしてくれる投資家を探して、地権者と投資家との共同ビルをつくることを提案しました。同時に売買の権利調整も引き受けることで、それぞれの地権者の異なる要望に対応することができたのです。
その後も、築年数が経ったビルのオーナー様にリニューアルをご提案し、そのプロジェクトマネジメントやテナントリーシングを行うなど、貴重なプロジェクトに多く関わることができました。

実は、前職はフランチャイズの出店支援をする会社で、出店戦略の立案や売上予測、飲食店の不動産に関わる事業を担当していました。そういった業務を通じて不動産に興味を持ったことから「より不動産を学びたい」「オーナー側の立場で仕事がしたい」という想いと、もともと学生時代に建築の勉強をしていたこともあって「建物自体に関わりたい」という想いが合わさって、ザイマックスへ入社しました。
案件にも非常に恵まれて、入社して早々に求めていた仕事に触れることができたのです。

これからのミッション。それは日本と海外を結ぶこと

現在は、2012年4月に新設されたグローバルマーケティング部に所属し、海外の投資家に日本国内の不動産への投資をご案内することを最大のミッションとしています。ザイマックスグループはアセットマネジメントだけではなく、ワンストップで不動産サービスの全てを行える強みがあると考えています。

まだまだニーズの調査過程ではありますが、海外の投資家の方々に対して、日本がどういう国かということや、日本の不動産の特徴などを説明して、まずは日本に興味を持って頂くことが現在の仕事です。2012年10月からは私も実際にシンガポールへ赴任し、現地で日本の不動産とザイマックスのサービスを広めていきます。とても大変だと思いますが、ファンドを管理するだけでないザイマックスグループの幅広いサービスがあるからこそ、実現できるミッションだと思っています。

不動産業のイメージを覆す、温厚なメンバー!?

ザイマックスの社員はとてもフレキシブルに仕事をしています。仕事に対して前向きな姿勢を常に持っていて、明日やればいいことを明日まで回さない。つまり、みんな仕事が好きなんですね。こう言うと、不動産業特有のガツガツ仕事をしているというイメージを持たれるかもしれませんが、仕事に対しての速さとは対照的に、お客様に対しては温和に接する側面を誰もが持っています。
不動産を扱う企業としてお客様と長期的にお付き合いさせて頂くビジネスという時間軸の長さが、そういう企業風土を作っているのかもしれません。売って終わり、造って終わりということではなく、5年、10年、時にはそれ以上の長いお付き合いとなるお客様に信頼をして頂きたい。これが、ザイマックスグループの社員が、働く上で一番大切に想っていることなんです。

ザイマックスグループは不動産を取り扱う立場として、「真摯な会社でありたい」という想いがあります。長くお付き合いをさせて頂いたお客様が「ザイマックスグループと付き合っていて良かった」と思って頂けるように、いろいろなサービスをこれからも提供していきます。

株式会社ザイマックス

【事業内容】

  • オフィスビル、商業・複合施設、データセンタービルの運営・管理

  • オフィスビル、商業・複合施設のテナント営業・斡旋

  • オフィスビル、商業・複合施設の経営代理・代行

  • 施設管理・警備・保安・清掃・工事・資材電材販売等

  • オフィスビル、商業・複合施設の新築・改修等の設計企画コンサルティング

  • 不動産全般にかかる企画コンサルティング

【資格合格者】

不動産コンサルタント7名、宅地建物取引主任者70名、一級建築士2名、ビル経営管理士9名、不動産鑑定士、ファシリティマネジャーなど(2011年4月1日現在)

※ザイマックス単体

株式会社ザイマックスについてはこちら

関連コンテンツ