扱った契約書は2万件超
業界トップクラスのノウハウとナレッジで、
オーナー様・テナント様双方を円滑に結ぶ
株式会社ザイマックス
法務部 上野太市

契約書のチェックから、法人立ち上げやコンプライアンス関係まで

ザイマックスに入社して今年で8年目。入社して3年間、経営企画部に在籍し、4年目に今の法務部へ異動してきました。私は経済学部卒で全く法律の知識は無かったため、異動を聞いたときはあまりに突然のことで思わず声がひっくり返ってしまい、これは今でも笑い話となっています。法務部に配属されてからの2年間は、主に契約書のチェック業務を担当していました。
現在は、主にザイマックスグループの法人立ち上げやコンプライアンス関係を担当しています。慣れない法務部の業務に、はじめは苦労しましたが、法人立ち上げなどの業務はグループ全体に関わることなので、会社の成長を感じられて面白く、今では法務部に異動できたことは本当によかったと思っています。

膨大な経験が自信に

現在、ザイマックスグループが取引しているテナント数が約5,000社です。テナント様は毎年一定数が入れ替わりますし、グループ管理物件も増大してきましたから、過去ザイマックスグループが関わってきた契約書の件数は延べでは20,000件以上になるでしょうか。また、オーナー様により契約書のフォーマットに違いがあり確認に苦労することもあります。
加えて法令や条例も日々改正され、最近は重要事項説明や賃貸借契約の雛形の変更を求められる等、そういった変化についていくことも大変です。

しかし、こうした膨大な経験を通じた弊社グループのコンプライアンスと契約に関するノウハウやナレッジは、賃貸業の中でもトップクラスにあると自負していますし、もちろん弁護士の資格など持っていない私ですが、このことが大きな自信となり、プライドを持って仕事に臨むことができています。

六法全書マスターが終わりではない、法務の仕事は新しいことの連続

3.11以降はこれまでにない、例えばテナント様から「不動産が使えなくなった分の賃料は払いたくない」「地震によって業績が悪化し、支払えない」といった相談をされることもありました。もちろんこれらは特殊な例ですが、法務の仕事は六法全書がマスターできればそれでよし(それでさえ大変なことではありますが)、というものではありません。
常に新しい事象が出てきては、初心者の眼で向き合うことの連続です。しかし振り返ったときにその分自分に力がついた・成長したと思えるところが、この仕事に醍醐味のように感じています。

株式会社ザイマックス

【事業内容】

  • オフィスビル、商業・複合施設、データセンタービルの運営・管理

  • オフィスビル、商業・複合施設のテナント営業・斡旋

  • オフィスビル、商業・複合施設の経営代理・代行

  • 施設管理・警備・保安・清掃・工事・資材電材販売等

  • オフィスビル、商業・複合施設の新築・改修等の設計企画コンサルティング

  • 不動産全般にかかる企画コンサルティング

【資格合格者】
不動産コンサルタント7名、宅地建物取引主任者70名、一級建築士2名、ビル経営管理士9名、不動産鑑定士、ファシリティマネジャーなど(2011年4月1日現在)
※ザイマックス単体

株式会社ザイマックスはこちら

関連コンテンツ