ザイマックスグループの総合力を活かし、
不動産価値の最大化に向けたコンサルティング
株式会社マックスリアルティー
ソリューション推進部 部長 守谷尚子(一級建築士・再開発プランナー)

コンサルティングを通じ、企業の経営者層と密度の濃いお話をさせていただけることも

株式会社マックスリアルティーは、不動産と金融双方のノウハウを併せ持ったコンサルティングを行うことを目的とし、株式会社三井住友銀行様他とザイマックスの共同出資で、平成14年に設立された会社です。私は2年半前に出向し、現在、約15名が在籍するソリューション推進部で、銀行にご紹介いただいた企業様の不動産に関し、有効活用のご提案、売買・運営管理に関するご相談など、さまざまな課題に対しコンサルティング業務を行っています。

仕事柄、企業の経営層の方とお会いできる機会も多く、非常にやりがいを感じています。この業界はまだまだ男性像が強いようで、初訪問時には女性というだけで意外に思われたり、不安がられるケースもあります。
ですが、きちんとコミュニケーションを取らせていただいて適切なソリューションをご提供すれば、信頼を勝ち取ることができます。初対面時の印象ギャップを逆手にとって得をしていると感じることも多いですね(笑)。

リクルートで培ったDNA ~建物・不動産に愛情を注ぐということ~

学生時代、私は建築学を学ぶ傍らで、設計事務所でアルバイトをしていました。そこで、「設計会社や建築会社に就職しても、必ずしも“自分の意思で建物を創り上げること”に携われるわけではない」と実感した私は、ビル事業をトータルで行っているリクルートであれば、本当の意味での設計企画にかかわることができるのではと考え、就職を決めました。

リクルートには自分のやりたいことができる活気にあふれた職場環境が広がっていました。そんな中で私が特に心掛けてきたのが、そこにかかわる様々な立場の方々に喜んでもらえる建物の設計企画です。
オーナー様にとっては儲かるビルであったり、管理しやすい建物であること。テナント様はじめ利用者にとっては使いやすい建物であること。多くの方の幸せを実現してゆく設計企画業務に、ときには矛盾と戦いつつ、喜びを感じながら仕事をしていました。
それは、リクルートの自社ビルのマネジメント部門がザイマックスに引き継がれてからも、脈々と私の中で流れていると感じます。現在の業務では直接設計にかかわることはないのですが、ご提案の中で、オーナー様・ご利用者様双方に喜ばれるものになっているか、時にはご融資をしている立場、管理をしている立場等、様々な立場からも理解を得られるものになっているかなど、提案の中にあぶりだされる「建物や不動産」が「ないがしろにされていないか」心がけています。

逆に、おざなりに管理されている建物や、有効活用されていない不動産を見ると、すごく悲しい気持ちになりますね。時には「もっとこうできるのに・・・!」と怒りがこみ上がることも。そういう建物や不動産は、どこかで、オーナー様、ご利用者様、管理運営会社の誰にとっても良いことにはならないことを痛感しているからです。

ザイマックスグループの総合力が実を結んだ瞬間

強く印象に残っている仕事をひとつ挙げるならば、私がザイマックスグループのチームリーダーとして臨んだ大型複合施設の運営受託コンペで勝ったことですね。クライアント様の計画している建物は、商業施設・オフィスビルに加えて音楽ホールが併設されている、非常に特殊性が高いものでした。その運営者を決めるコンペで、私はザイマックスグループのチームリーダーを務めました。
テナント企業の誘致や管理・修繕計画の立案・エネルギーに関する提案など、グループの各専門部署から選抜された総勢約20人の仲間でプロジェクトを遂行したのですが、各部門の専門知識やデータを結集した結果、私たちのプレゼン資料は200ページにも及ぶボリュームになってしまいました(苦笑)。でも、どのページにも、机上の空論ではない現場ノウハウが詰め込まれており、極めて密度が濃いものになった自信がありました。

プレゼンテーション当日、全てを説明し終えて退出するときに、クライアント様のお一人が「これは・・・すごいな!」とつぶやいた声が聞こえたときの感動を、今もはっきりと覚えています。
このプロジェクトにおいて、ザイマックスグループの総合力が最大限に発揮された瞬間に責任者として立ち会えたこと、仲間のそれぞれがそれぞれの立場で大事にしている思いをまとめたものが評価されたことで、それまで自分のやってきたことが間違っていなかったと確信できましたし、今でも私の自信の根底になっています。

こうした経験を大切にし、これからも愛情がつまった企画提案をしていきたいと思っています。

株式会社マックスリアルティー

【事業内容】

  • アセットマネジメントビジネス

  • ソリューションビジネス

株式会社マックスリアルティーについてはこちら

関連コンテンツ