不動産用語集

用語集TOPへ戻る

ラ行

  • REIT

    不動産投資信託のことを指し、「Real Estate Investment Trust」の頭文字を並べて「REIT」(リート)と呼ばれています。不動産投資信託(リート)は、もともと1960年にアメリカで生まれた金融商品でありますが、2001年(平成13年)から日本でも発売されています。日本のREITはJ-REITと呼ばれています。

  • リニューアル

    厳密には賃貸借契約の更新を指しますが、ここではリニューアル工事と呼ばれる設備更新などを指します。リニューアル工事もリノベーションも、投資額に対する回収(性能が上がることで得られるランニングコスト削減効果)を考慮することはもちろんですが、時代によって変化するテナントニーズを取り込み、資産の価値を維持・向上する観点でも検証する必要があります。

  • リノベーション

    老朽化した建物の機能や用途を変更して性能を向上させ、資産価値を高めることを言います。

  • 礼金

    元々は、借主が貸主に対して賃貸契約を結んでくれたお礼として支払ったもので、地域的な習慣や格差があります。例えば関東周辺では通常家賃の2か月分で関西では礼金という習慣がありません。礼金は契約の終了後も返金されません。

    ページTOPへ戻る

  • 連帯保証人

    連帯保証人は、催告の抗弁権と検索の抗弁権はなく、債務者と全く同じ義務を負うため、借りた本人と同等の地位となり、借りた本人がどのような理由であっても返済を拒否した場合や、借りた本人の返済状況によっては、連帯保証人がいきなり返済を求められることもあります。

  • レンタルオフィス

    机・椅子・電話などを備える小スペースの貸し出しから、部屋貸しまで、いろいろな型がある手軽な貸し事務所を指します。通常、不動産物件として賃貸契約を結ばずに月極や時間で借りる形式のものも含みます。

用語集TOPへ戻る