総務なんでも知っトク情報

ザイマックス不動産総合研究所 提供

ちょっと気になる
知って役立つ
オフィスの話題をお届け

いまどきの移転担当者の実態が分かる

移転担当者白書

契約交渉〜締結

契約までの時間

事務所移転の検討から契約締結までにかかる時間は平均6.2ヶ月

出所:ザイマックス不動産総合研究所

事務所移転の決定プロセスとして、移転検討→物件探し→見学→入居申し込み→賃貸条件や契約の交渉→契約締結というステップが必要ですが、締結までには、どのくらいの時間が必要なのでしょうか?事務所移転のマニュアルなどではよく「半年以上前」あるいは「1年前に移転検討を開始しましょう」という風に書かれていますが、当社の移転担当者へのヒアリングでは、3ヶ月という答えがもっとも多く、全体平均では6.2ヶ月という結果になりました。締結後にはオフィスのレイアウトを決め、入居工事、退去する事務所の原状回復工事や引越しの手配などが待ち構えていますので、新しいビルに入居するまでには、ここからさらに数ヶ月要することになります。

さらにこの平均期間を、移転先の面積(坪数)別に見てみると、100坪以上の事務所では、平均7.8ヶ月、100坪未満の場合は5.3ヶ月。事務所面積の広いテナントは、それに比例して会社規模も大きいことが多いので、契約までの道のりも長くなる傾向にあるようです。希望物件を見つけて、契約締結に至る道のりは千差万別ですが、時間の目安としては参考になるかもしれません。

契約までにかかった時間(平均)
100坪以上7.8ヶ月
100坪未満5.3ヶ月

<調査対象> 2010年以降にオフィスを移転したテナント48社