「借りる」or「買う」
イマドキどっちがお得?

一般的にオフィスは「購入(所有)する」というよりは「借りる」というイメージが強いですが、最近「オフィスの購入(所有)」についても検討される事例も出てきましたので、今回はオフィスの「借りる」or「買う」というテーマの特集にしてみました。

オフィス=借りるもの?

画像

住宅を探すときに「借りる」のか「購入(所有)する」のか、と比較検討をするのは良く聞く話ですが、オフィスビル(以下「オフィス」)に関してはあまりそのような話は聞きません。
高額だからとか、1棟でしか販売されていないからとか、いつまた移転するかわからないから・・・とか理由は様々かと思います。

ここではまずオフィスを「借りる」ことと「購入(所有)する」ことのメリット・デメリットにはどんなものがあるのか比較してみましょう。

賃貸と購入(所有)のメリット・デメリット

オフィスを「借りる」ことと「購入(所有)」することには、それぞれメリット・デメリットがあります。
それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

  メリット デメリット
賃貸 ・初期投資コストの軽減
・所有に比べ、容易に移転や拡張縮小ができる
・管理業務は管理会社やオーナーにて対応
・資産として残らない
・オーナー都合による建物を利用する上での制約あり
・移転等の際に引越費用、敷金等の経費が都度発生
・インフレで賃料が上がる可能性あり
購入
(所有)
・資産になり、減価償却ができる
・担保としての不動産の保有
・企業としての信頼性向上
・レイアウトの自由度アップ
・売却益が発生する可能性あり
・初期投資コストの増大
・移転や拡張・縮小が制約される
・メンテナンス費用、固定資産税等がかかる
・減損が発生する可能性あり

1棟でなくても所有は可能?!区分所有という選択肢

「購入(所有)する」ことのメリットは分かっても、一棟まるごと購入するのは高額だ、とか自社のみで使用するには大きすぎる、とか考えていらっしゃる方も多いと思いますが、最近は住宅のようにオフィスビルでも一棟まるごとではなく、各フロアや各区画だけを分譲で購入(所有)するという「区分所有」という所有の形が注目されつつあります。

オフィスビルには、エレベーターやエントランスホール、階段などの共用部分と、店舗や事務所などの用途にすることができる、構造上区分された独立した専有部分があります。区分所有とは、この専有部分を所有することを意味します。
また、この専有部分の所有者を区分所有者といい、これらは「建物の区分所有等に関する法律」(通称:区分所有法)で定められています。
区分所有の場合にも、所有の場合と同様のメリットが享受できるのです。

企業の不動産とのつきあい方

そもそも企業として、不動産とどのようにつきあっていくといいのでしょうか。

画像

かつては上の図のように、企業の成長や戦略に合わせて、オフィスを借りたり購入したりするのが一般的でした。しかし、バブル崩壊後、不良債権処理を進めていく中で、不動産を売却せざるを得ない企業が増え、不動産を資産として持たないという企業が増えました。
しかし、不動産を収益物件として考える企業や区分所有をする企業が増えてきています。

オフィスを「借りる」ことと「購入(所有)」することには、それぞれメリット・デメリットがあり、それらを比較することで、自社にとって最適な選択をするための判断材料となります。どちらがよいかということではなく、不動産を「借りる」こと、「購入(所有)する」こと、購入(所有)したものを「貸す」ということを、うまく企業の成長に合わせて選択をすることが望ましいあり方なのかも知れません。

近年では、本来の不動産のメリット・デメリットをうまく活かしつつ資産形成を始める企業が少しずつですがでてきています。これからは、企業として不動産との上手なつきあい方が求められるのかも知れませんね。