銀座を愛でるコラム

高級ブランド街として日本有数の凛とした街並みを誇る、中央区の一大中心街、銀座。東京メトロ銀座線、日比谷線、丸ノ内線の3路線が乗り入れする銀座駅を中心として、有楽町線の銀座一丁目駅、JR山手線・京浜東北線の有楽町駅、都営浅草線の東銀座駅や、四方に向かって伸びるバス路線も含めると巨大な交通基盤を持つ、中央区の中心のみならず日本の首都の代表都市となっています。近隣には、築地や新富が位置し、電車やバスといった交通網が発達している銀座を中心とした中央区は、隣接する街も含めて一帯エリアが非常に往来のしやすい便利さに溢れた地域と言えます。貸事務所の多いビジネス街のお話に移る前に、中央区銀座の特徴からご紹介していきましょう。
まず先にも触れた通り、高級ファッションの店舗が林立する巨大ブランド街であるということ。日本を巨大な販売基盤として捉える各ハイブランドが、銀座を主要ターゲットとして展開することが多いことも世界的に知られている事実です。また、古くからの歴史を誇る中央区銀座界隈は、様々な歴史的跡地が数多く残されている土地でもあります。今では、看板などを残すのみとなった史跡なども多いのですが、それらを巡ってみると、銀座という土地が古くから歴史を積み重ねながら続いてきた重鎮的存在であることが伺い知れることでしょう。

銀座コラム一覧

銀座の近隣エリア、築地・新富

近隣の築地、新富の特徴はというと、なにしろ築地という街そのものが、都内で11ある東京都中央卸売市場の中でも、最古の歴史を誇る築地市場であるということが看板となっていることから、この築地市場を目当てに訪れる観光客が列をなすほどです。特に、生の魚を食べる習慣が限られる海外観光客にとって、築地市場は目玉観光地のひとつ。早朝から行われるセリの様子や、築地市場内にて営業する新鮮な海の幸を提供する飲食店など、楽しみにされている貴重な観光地なのです。また、築地市場と並び称される観光名所として築地本願寺を有しており、観光客の注目するエリアでもあるのです。こうした歴史ある著名な観光地でもある中央区の銀座界隈ですが、賃貸ビルを始めとした貸事務所がどのあたりに集積しているかという話に移りましょう。
中央区銀座という街は、先に述べた通りブランド街として著名なエリアではあるのですが、同時に貸事務所ビルが建ち並ぶビジネス街としても非常に人気が高く、様々な規模の貸事務所ビルが林立する区域でもあります。 特に貸事務所ビルが集積しているのが、京橋方面に近い銀座1~3丁目街区。銀座という街が持つイメージを企業イメージに繋げる意味合いも含め、ファッション関連、化粧品関係やエステ関係など美容方面の企業がこの一帯の貸事務所ビルに集中している特徴を持っています。
対して、築地方面に目を向けると、銀座以上に貸事務所ビルが集積しており、昭和通から新大橋通りの間には歌舞伎座タワーや銀座松竹スクエアなど、小型から大型までバリエーション豊富な貸事務所物件が立ち並んでいるため、貸事務所探しにおすすめな非常に活気溢れる街並みです。貸事務所ビルが集まっているということは、イコール街そのものがビジネスに適した作りをしていると言えるのです。銀座から築地界隈で貸事務所ビルをお探しならば、まず銀座エリアの中でも貸事務所ビル集積地区に注目し、ご希望に合った貸事務所を見つけていただきたいと思います。

銀座の風景